抜け毛解消法!ハゲる寸前で薄毛を回避した私の抜け毛対策をご紹介します。

抜け毛は手遅れになる前に何とかしたいですよね。そこで、私がした薄毛対策をまとめましたので、参考にしてみてください。

ハゲる寸前で回避した私の抜け毛解消法

抜け毛で悩むとか、他人事だと思ってたのに・・・

こんにちは、コースケです。

抜け出とか薄毛とか、ずっと他人事だと思っていました。

髪なんて適当にゴシゴシ洗ってたし、
朝おきて、「うわっ、枕に大量の抜け毛がぁ~」なんてこともなかったし。

頭皮ケアなんて考えたこともなかったんです。

ところが、一年ほど前です。
髪が薄くなってきて、「やばいなぁ」って時期がありました。
仕事中もずっと、抜け毛が気になって仕方がない。

もう、ハゲるのは時間の問題だと思ってました。

もう、ハゲるのは時間の問題?

それでも、
彼女も欲しいし、結婚とかに影響しそうだし。

「せめて、結婚するまでは粘ってほしい」
って思っていました。

「何もしないよりはマシ」と思って、いろいろ調べてみました。

できそうなものから改善していったら、なんとか最悪の事態は免れました。

ただ、後から考えると、

「ちょっと遠回りしちゃったかなぁ?」
って気もします。

このサイトは、
私が抜け毛や薄毛について調べたことを、ざっくりまとめた抜け毛薄毛対策サイトです。

自分の備忘録のつもりでつくったサイトですが、
抜け毛が気になりはじめた方や、薄毛になるんじゃないかと不安な方の参考になれば嬉しいです。

「ちょっと地肌が見えてるよ」が始まりでした

散髪屋さんに薄毛を指摘される

「あれ?コースケ君、ちょっと地肌が見えてきてるよ」

散髪屋のおっちゃんに言われたひと言で、「あっ、やっぱりか!」って思いました。

自分でもなんとなく、そんな感じがしてたので。

「なんか、いつもと違う気が・・・」

ハゲって、やっぱり遺伝するんですね。
「ハゲは遺伝しない」って誰かが言ってたと思うんですけど。
その言葉に、ホッとしてたのに。

結局はハゲるとしても、30代半ばではまだ早いです。
ノーマークでした。
まだ薄毛にはなりたくないです。

せめて、結婚してからとか、もっと50歳とか60歳くらいになってからとか。
まぁ、その時はその時で、やっぱりハゲるのは嫌でしょうけどね。

とにかく、なにか抜け毛対策をしようと思いました。

ただ、病院とかクリニックで治療っていうのは、ちょっと恥ずかしい。

会社で、
「コースケ君って、薄毛対策でクリニック言ってるらしいよw」
なんて噂されるのも嫌だし。

とりあえず、髪の洗い方を見直してみることにしました。
今までは、雑にゴシゴシ洗ってただけでしたので。

抜け毛はすべて悪いものなの?

まず、抜け毛の原因から調べ始めました。
「そもそも、なんで抜け毛が増えてきたんだろう?」

普通にしてても、髪の毛は抜けるらしい

普通の生活でも髪は自然に抜けます。(そりゃ、そうですね)
「ヘアサイクル」って言うらしいです。
この範囲で抜ける髪の毛は生え変わるので問題なし。

薄毛になるのは、なにかの原因で、このヘアサイクルが崩れるからです。

生活の中で、髪が抜けやすい3つのシーン

一日の生活の中で、髪の毛が抜けやすいのは、つぎの3つのシーンです。

とくに、シャンプーの時に、髪が抜けやすいようです。
「髪に何か(手とか枕とか)が触れている時に抜けやすい」ってことで良いのかな?

↓ 髪の洗い方については、こちらの動画を参考にさせていただいています。

季節的には、春と秋が抜けやすい

春は生活環境が変化する季節です。
「寒い冬が終わって、体の毛が抜ける」っていう哺乳類的な要素もあります。

でも、それ以上に影響するのが人間的要素。
学生なら、新学期とか進学とか。
社会人なら、転勤とか異動とか転職とか、昇進とか出向とか。

生活環境が変化するときです。

生活環境が変化することで、知らないうちにストレスを感じてるんですね。
そのストレスの影響で、抜け毛が増えるみたいです。

秋に抜け毛が増えるのは、夏のせいです。
夏場にたくさん浴びた紫外線。
この紫外線が原因で、秋ごろになると抜け毛が増えるんだそうです。

普通の抜け毛とヤバイ抜け毛の見分け方ってあるの?

毛根で抜け毛チェックができる

2種類の抜け毛があります。
気にしなくても良い抜け毛と、薄毛・ハゲに直結する危険な抜け毛です。
毛根を見れば、なんとなく抜け毛の原因がわかるみたいです。

病院で見てもらうこともできますが、自分でもチェックできます。

気にしなくていい抜け毛

ヘアサイクルの周期で抜ける髪の毛です。
抜けた毛を見てみると、毛根の先がぷくっと膨れて、キレイに丸くなっています。
綿棒の先っちょみたいな丸い感じです。

これは、寿命を終えた髪の毛です。

抜け毛をチェックしてみて、こんな感じだったら、通常サイクルの抜け毛です。
とくに気にしなくて良いみたいです。

皮脂の抜け毛

ここからは、問題のある抜け毛です。

皮脂が原因で抜けた髪の毛は、毛根が白い塊で覆われています。
皮脂がくっついているからです。
表面がデコボコな感じなので、判断しやすいと思います。

この抜け毛になる主な原因は、食生活です。

糖分や脂分のとりすぎです。
お酒やお菓子は控えたほうがいいみたいですね。
あと、お肉も悪いみたいです。

ストレスの抜け毛

ストレスが原因の抜け毛には、毛根にふくらみがありません。
髪の毛から毛根まで、スゥ~っとまっすぐです。
触ってみても、毛根のふくらみが感じられません。

ストレスで頭皮がかたくなったりして、血行が悪くなります。
血行が悪くなると、毛髪まで栄養が行かなくなります。
その影響で、毛母細胞の働きも悪くなります。

対策としては、次の3つが考えられます。

ただ、ストレス社会ですからね。
ストレスを受けないようにするのは難しそうです。
受けたストレスを溜め込まない方向で考えたいです。

フケの抜け毛

毛根の先に何かついているので、パッと見でわかると思います。
普段からフケが多い人は、この抜け毛を疑ったほうが良いようです。

フケが毛穴を塞いでしまいます。
で、塞がれた毛穴に、雑菌が繁殖。
炎症を起こして、毛が抜けやすい状態になります。

だからといって、力任せにゴシゴシ洗うのはダメみたいです。
1日に何度も洗髪をするのも逆効果だそうです。

円形脱毛症の抜け毛

円形脱毛症の抜け毛は、毛根の先が鋭く尖っているそうです。

円形脱毛症の場合は、自力で何とかするのは難しいようです。
恥ずかしくても、病院で適切な治療をしてもらった方が良いです。
薬の処方とか、食事療法の指導をしてくれます。

髪のダメージの抜け毛

基本的に、毛先がボロボロ。
途中で切れてて、毛根がない状態の髪もあります。

パーマやカラーリングをやりすぎると、髪にダメージがたまります。
髪だけならいいんですけど、頭皮にも負担がかかります。
頭皮に負担がかかると、新しい髪が強くなりません。

ケアシャンプーに変えてみたり、
パーマやカラーリングの間隔をあけてみると良いようです。

生活習慣が悪いと、頭皮環境が悪くなるの?

頭皮環境を整えよう

危険な抜け毛になる原因は、ほとんどの場合、頭皮環境が悪いからです。
頭皮環境が悪くなるのは、生活習慣に問題がある場合がほとんどです。

生活習慣と頭皮環境の関係をまとめました。

ヤバい抜け毛は、頭皮環境の悪化が原因

抜け毛の原因は、頭皮環境の悪化です。

課題は、頭皮環境の改善です。
頭皮の血行をよくして、毛髪に十分な栄養を与え、清潔を保つことです。
毛髪が育ちやすい土壌を作ってあげます。

頭皮環境の悪化は、主に、生活習慣の悪さが原因です。
生活習慣を見直す必要がありそうです。

外食が多いし、睡眠時間も不規則。
たぶん、ストレスも溜まっていたんだと思います。
今までは、たまたま若さでカバーできていただけ、なのかもしれません。

シャンプーの仕方を見直して、清潔を保つ

「清潔を保つ」に関しては、シャンプーの仕方を見直すことにしました。
適当に、ガシャガシャやってたので。

このときは、「シャンプーを育毛シャンプーに変える」とかはしませんでした。
ドラッグストアで普通に売ってる市販のシャンプー(メリット)です。
「かゆみが出る」とか、頭皮に合ってない、って感じもなかったので。

シャンプーの仕方は、上記の動画を参考にさせていただきました。
ただ、髪はもっと短髪なので、そこは調整しました。
わたしの場合は、髪の洗い方についてはこれで問題なかったみたいです。

あとの課題は、頭皮の血行をよくすることと、毛髪に十分な栄養を与えることでした。

頭皮の血行が悪いままだと、いくら食生活を見直しても、毛髪まで栄養が届きません。
頭皮の血行が良くなっても、栄養不足では強い毛髪が育ちません。

生活習慣の中でも、食生活と睡眠時間、それにストレスについて調べました。

改善すべき生活習慣って、なに?

生活習慣が抜け毛に影響する

1.食生活の乱れ

高カロリーとか、高脂肪の食事は悪いです。
コレステロールや中性脂肪が増えて、頭皮の毛細血管を詰まらせてしまうそうです。

毛髪の成長にも影響します。
毛髪をつくる上で必須なのが、
タンパク質、ビタミンやミネラルです。

元気な毛髪をつくるには、食生活の改善は必須です。

2.不規則な睡眠

成長ホルモンが分泌されるのは睡眠中です。
睡眠時間が短くて寝不足だと、成長ホルモンの分泌が少なくなります。
「睡眠不足の人が多いと薄毛率も高くなる」っていう説もあるんだとか。

成長ホルモンが分泌されないと、髪が栄養不足になります。

ちなみに、毛髪は夜に成長します。
昼間はあんまり成長しないんだそうです。
昼寝で睡眠不足は補えても、毛髪の成長は補えません。

3.精神的なストレス

仕事のプレッシャーとか、人間関係とか。
精神的なストレスは、
頭皮の血行を悪化させたり、頭皮をかたくしたりします。

薄毛への影響は大きいです。

育毛剤って効果あるの?

スマホで情報を集めていた時、ある育毛剤が気になりました。
育毛剤なんて使ったことがなかったので、「こういうのって、効果あるのかな?」って。
効果はわからないし、そんなに安いものじゃないし。

ただ、髪の洗い方を変えたり、生活習慣を改善しただけでは足りないかな、って気がしてました。
「なにか、補強するアイテムがいるだろうな?」って。

仕事の関係上、どうしても外食したり、寝不足になるときもありますし、多少のストレスは避けられませんから。

だから、「頭皮環境を改善することを目的とした育毛剤は最適かな」って。

などなど。

もちろん、これ以外にも良い育毛剤はたくさんあると思うんですけど、
評価が高かったので、この育毛剤を選びました。

メールで送った質問に丁寧に答えていただきましたし、
なにより、「返金保証」がついていたので、思い切って購入しました。

ちなみに、、、

育毛剤と似ているものに育毛シャンプーがあります。
育毛シャンプーといえども、効用は頭皮の洗浄やかゆいの防止。
育毛、発毛を期待するなら、育毛剤が良いようです。

使ってみると、

無理なく、つづけられると思います。

1.洗った髪をしっかり乾かす
2.頭にまんべんなくスプレー
3.1分くらい頭皮マッサージ

以上の3ステップで終了です。
間違いようがないですよ。

「CHAP UP(チャップアップ)」の詳しい情報はこちらです。

だからって、
「うぉっ!?急に髪が生えてきた」
なんてことにはなりませんよ。

「早く効果が出てほしい」と願いつつ、毎日つづけるだけでした。

数ヶ月たったとき。散髪屋のおっちゃんに、
「最近、あたまマシになってきたなぁ」なんて言われました。

思わず、「ニヤ♪」ってしちゃいました。

育毛剤の効果的な使い方は?

生活習慣を改善しつつ、育毛剤を使うと良いです。

生活習慣を見直さずに育毛剤を使っても、効果が薄かったと思います。
育毛剤を使わなかったら、頭皮環境の改善が手遅れだったかもしれません。

両方やったからこそ、薄毛の危機を回避できたんだと思っています。

もちろん、頭皮は清潔を保ちます。
毛穴に汚れが付着していると、育毛剤が浸透しませんから。

まとめ

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。
参考になりましたでしょうか?

最悪なのは、諦めてしまって何もしないことです。
一度、禿げた自分を想像してみてください。

「うわぁ~、無理だぁ~」って思ったら、なにか動きましょう。
がんばりましょうね。

コースケでした。

※お断り※
多分に、私個人の見解が含まれています。また、表現上、ハゲだの薄毛だの書いていますが、禿げている方や薄毛の方をバカにするつもりは一切ございません。ご了承ください。

★ ★ ★

運営者情報 / サイトマップ